月別アーカイブ: 2015年12月

帰省

実家に寄生・・・でわなく、帰省翌日、あいまいな前日の記憶を引きずり目覚めた「ぷあくん」ふらふら

この日は、甥っ子のサッカーの試合を見に行くことになっていたサッカー
甥っ子は中学1年生。やんちゃ盛りと思いきや、意外に素直に成長していたわーい(嬉しい顔)
ポジションはゴールキーパーらしく、朝からキーパー用の手袋が見当たらないと、焦っていたたらーっ(汗)

・・・とゆーわけで試合開始時間に合わせて「ゴンチ」と父と3人で観戦に行った車(セダン)

やってるやってる・・・

いきなりゴールを決められた・・・あせあせ(飛び散る汗)

結果は1-1の同点で、PK戦の結果、惜しくも敗退・・・あせあせ(飛び散る汗)
格上相手によく頑張っていたぴかぴか(新しい)

そして、健闘した甥っ子を尻目に、昼食へ向かう・・・レストラン
両親が「ぷあくん」一行のために予約してくれていたお店であるぴかぴか(新しい)
その名を「しぐれ亭」といって、蕎麦が有名な古民家を改造して作られた格式の高い店舗であった家

うーむ、厳かである考えてる顔

しかも、周りは田園風景に囲まれ、どこまでも続く雄大な景色であるexclamation
その広大な風景を前に「ぷあくん」は大興奮であるダッシュ(走り出す様)

うひょーーーー

窓から見える景色も申し分ないうまい!

・・・しかし

肝心の料理の写真が無いのは一生の不覚であるあせあせ(飛び散る汗)
蕎麦といいお造りといい、これまた申し分のない味わいであったことを記す次第であるむふっ

その後、間もなく帰宅すると、案の定、親父と再び酒を酌み交わすこととなったのは言うまでもない・・・ビール

こうして、帰省二日目も、やはり酒とともに過ぎていったのであった・・・

引っ越しを考えている方にお勧めです

カレドタワー
是非、ご参考になってください。

レジェンド南青山ガーデン

レジェンド南青山ガーデンを購入予定です。

人物造形が類型的で、深みがなく、とってつけたような展開もいまひとつ。

私なりに内容を要約すると、「バイトに明け暮れる尾崎豊かぶれの19歳の大学生が、母親の病気と死をきっかけに中二病から目覚める話」ですわ。

この主人公の青年が19歳にもなって「ガキんちょ」すぎるので、見ていて恥ずかしくなって来る。「尾崎は俺の代弁者だ」ってか? 見ようによっては、尾崎の「甘ちゃん」ぶりを大人の視点から批判する映画じゃないのか、と思ってしまうほど。

いや、ところどころいいシーンはあるんですよ。あるシーンでは涙腺を刺激されたりもしたんだけど、やっぱり全体としては、いまひとつだったなあ。

収穫は、真行寺君枝 が「健在」であることを確認できたこと、ぐらいかな。

それから、やっぱりヒロインの清水みさとが、ヒロインとしてブサイク過ぎるのも興ざめでしたね。もうちょっとマシなキャストはいなかったのか…。あれじゃあ、主人公のイケメンとつりあわないぞ。

今秋公開予定っていうことだけど、正直、興行的に難しいんじゃないかな。ま、あまりカネはかかってそうにない映画だから、そんなに大損はしないかもしれないけど…。

映画終了後、M島くんとともに赤坂見附駅に向かい、丸ノ内線→JRで中野へ。

中野T店で食事と飲酒。0:30に店を出て、高円寺に向かう。

新春恒例管理職会。

1月6日

米国で公演中のポール・マッカートニーについて、共演したカニエ・ウェストのファンが「誰?」的反応をしていて、時の流れというのはかくあるのだなと感慨にふけったのであった。

ネット上ではテレビに出ていた倉沢敦美の娘がかわいいと話題になっているようだが、その話題主がアラフォー以上では「あの倉沢敦美の娘が!」で、10、20代だと「倉沢敦美とかいう人の娘が」とかなっているらしい。

そうか、「昔、『わらべ』という国民的アイドルグループがあってだな」というところから始めなくてはいけないのか。

いや、「萩本欽一通称欽ちゃんという人がいてだな」の方が先か。

前夜徹夜したらしい豚児、昨夕マンションのパークホームズ赤羽西に帰宅した時には既に爆睡状態で、当然ながら明け方にごそごそ。

5時半ぐらいに目覚め、二度寝ののち6時40分起床。

前夜のタラチリ出汁にご飯ぶっこみ雑炊。

今年初の雨降り。車でマンションのコートモデリア広尾から出勤。

昨日に引き続き新年あいさつ回り。

昼弁当。豚味噌サワラ西京アユ甘露煮。

午後のあいさつ回りは早めに切り上げ、新春恒例管理職会。

特に食いたいものもないのでまっすぐ帰宅。

刺身4種盛りのあと、ホットプレート引っ張り出し、パンとチーズとベーコン焼く。

ペットボトルに1.5リットル入りの赤ワインで酔っ払う。

レジディア目白のリビングでBSで喬太郎と一之輔の番組見て就寝。

最近のはまりもの。100

最近のはまりもの。ファミール日本橋ブルー・クレールは最近のお気に入りのマンションです。

100均の附箋(笑)

きれいー☆+゜☆+゜

思わずぺたぺたと教科書やらノートやら。

どこが大事か分からん (ーー”)

☆最近の生活は朝寝る→昼起きる

久々に江國香織さんの「東京タワー」読んだら

2日くらいほへ?ってなってた

動きがダイナミックな訳ではないけど

ところどころ言葉が頭に残る

私の中でところどころのワンシーンが残っていて

離れない

江國さんの本はそういう魅力がある

自分の中に他の自分を作り出してしまう

だから

しばらくほへ?っとなる

あの単調さが好きじゃないっていう人もいるけど

むしろそういうのを心地よいと感じる時がある

はらはらドキドキのサスペンスを好む時もあるし

文学的なものを読みたい時もある

どーゆージャンルが好きっていうより

その時々で読みたい本が違うから

私は何でも読む

過去3日間の睡眠不足を体が補おうとしたのか

過去3日間の睡眠不足を体が補おうとしたのか、29日土曜日はひたすら寝てましたね。まあ、目が覚めて、飯食って、また寝る。平清盛の再放送をみて、また寝る。

本格的に目覚めたのは夕方。滞りがちな「アルバイト」すなわち「原稿打ちリライト作業」をひたすら前に進める作業に没頭。とりあえず、「第二章」はこの日じゅうに全部やっちまおう、と考えて、休憩をはさみつつひたすら打つべし、打つべし。

で、最終的には30日の:3:40に完成。「リスクヘッジ」(原稿紛失や、パソコンクラッシュなどのトラブルに対応するため)のため、読み直したあと、すぐにメール送稿。

ということで(もしかしたらこの日記を書き始めてから初めてのことかもしれないが)目覚めてから、就寝するまで本当に一歩も家を出なかった。つまり100%引きこもっていた、というわけ。

この間に観た番組は吉田茂ドラマ「負けて、勝つ」の第4回。そして、深夜にやってたパティシエの対決番組。九段坂ハウスの詳細☆^∇゜) ニパッ!!番組タイトルを失念。

「負けて、勝つ」。全面講和か単独講和か、朝鮮戦争、旧安保条約、警察予備隊の創設…「今」へとつながる問題の「発端」が分かりやすく提示される。日本の主権回復後もアメリカ軍が日本に駐留し続けるといういびつな形はここから始る。番組は「批判するのはたやすい。しかし、外にどんな方法があったというんだ」というメッセ—ジを視聴者に送り続ける。それはそうかもしれない。しかし、それは「今後も日本は対米隷属を続ける以外に進む道はない」ということではないと思う。

パティシエの番組は前半はSASUKE、後半は料理の鉄人みたいな感じ。観てるうちに甘いスイーツが食べたくなった。

家にこもっていると、一円も使わなくていいけど、運動不足になるな、日曜日は少しは歩く事にしよう。あ、ちょっと滞ってる歩数の公表はまた明日。

勝どきハイム

生活リズムを朝方に変えないといけなかったけど、

朝8時まで起きてましたw

頑張って起きたけど、やっぱり昼過ぎが精一杯だったよ〜。

それで遅めの昼食で浜勝行ったけど、

すげー満員だったよ。

みんな昼飯時間って遅いんですかね〜?

テンパってる店員さんに戸惑いながらとんかつ食べる〜。

ロースカツの脂感がおいしい〜。

満腹のまま、

パチンコ行きましたよ〜ん。

スレイヤーズレボリューション

リベンジで打ちましたよ〜。

・・・・・

しーん、

完全に返り討ちにされましたw

当たらないし、熱い演出もないし、、、、

完全に相性悪ぃわ〜。

そのあともう一つ打ってみたけど、それも惨敗w

完全に運が悪いわ〜。

ハンターで爆心出たから運を使いきったわ〜。勝どきハイムがオススメです。

なはは

傷心のまま家に戻ってハンター。

テルの希望で雌火龍の紅玉マラソン〜。

7、8回掛かって出たよ〜。

良かったね〜。

で、調子に乗って、

金火龍と銀火龍もやってみた。

格が違った、、、

なんとか倒しはしたけど、あまりの強さに悶絶したよ〜。

疲労感がハンパなかったよ〜。

疲れたカラダに、

カレーのスパイスが染み渡りました〜。

テル〜、ゴチソウサマ〜。(結論)